無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 赤羽地区記念碑のところに桜を植えました   

本日2限に、長野県辰野町の土砂災害のあった場所に桜を植えました
この場所は、短大のすぐ裏にあり
平成18年7月18日に豪雨災害により山が崩れた場所です
桜は宮城県名取市のフラワーハウス花やさんから購入したものです
詳細については
あらためて後日まとめてアップしますが

はじめに辰野町赤羽地区センターに集合し、お話をお伺いしました。
出席者は、区長の瀬戸将嘉さん、武田久明さん 小松茂実さん 茅野伸浩さん
今井ゼミ8名、今井先生でした。

その後、現在、砂防ダムがつくられ、記念碑がある場所に全員移動し
桜を植樹を行いました
植樹は、短大にて毎日短大の庭の手入れをしてくださっている方と共に
大切に苗木を植えました

桜は、短大生および先生職員方の募金により、宮城県名取市のフラワーハウス「花や」さんより
購入させていただいたものです
金額の一部は、義援金となっています
http://www.fl-house.jp/
ゼミ長の玉井さんが、学生会のボランティア委員長もおこなっているので
ゼミとして、学生会として、短大として
今回は桜の植樹を行いました

平成18年7月18日の豪雨災害から今年で6年目です

先日も、豪雨により、有賀峠が崩れたりしています。
局地的な強い雨が多くなりますが、小さな側溝でも流される恐れがあります
くれぐれもお気を付けください

撮影写真一部を掲載します

a0201215_16225036.jpg

ここが、土砂で埋まりました
ローソンをすぎて、沢底に上る道に、山から大木がおちてきたそうです

a0201215_16225966.jpg

数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせる、ウコン、という品種の桜だそうです

a0201215_1623813.jpg

記念碑の前で
地元の小学生等も、ここで、被害のことなども聞いたりして、日ごろから
防災の事を話しているそうです

撮影:藤森

お話をお聞きした内容、詳細は、後日ブログに掲載いたします

by zemi21 | 2012-07-11 16:33 | ゼミ活動

<< 今日のゼミ お礼のお手紙が届きました >>