人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大船渡へ   

ふじこです。
事後連絡になってしまい、大変申し訳ありませんが、
ご報告させていただきます。


先日の8月3日に
羊さんとふじこで、大船渡のタケノ文房具さんへ物資を送りました。
短大の近くの郵便局から、ゆうパックを利用しました。
送り主の住所は、豊南短大のものを書き、
名前、電話番号は私の本名と携帯電話を記入しました。

住所は、豊南短大のものであるということ・どのようなものを送ったのかという旨を
書いた手紙を同封しました。

ゆうパックの段ボールも使い、かかった料金は
1140円でした。
タケノ文房具さんから、物資が届いたとの連絡もいただいております。


送った物資は、

・婦人用Tシャツ Mサイズ(グレー)×1
・婦人用Tシャツ Mサイズ(白)×1
・男性用ポロシャツ XLサイズ(白)×1
・タオル ×2
・リングノート ×1
・うちわ ×8

以上のものです。
写真はすべてPieCes 提供物資 掲示板
ありますので、そちらをご覧ください。
今回は送っていない物資の写真も含まれます。



いくつかの物資は、必要とされている方のもとへ届いたと連絡もいただきました。


タケノ文房具さんとは、コミュニティーサイト ミクシィで知り合った方です。
キーワードを「被災」や「支援」などに設定し、検索しました。
その検索結果の1人にいらっしゃったのが、タケノ文房具さんでした。


プロフィール・コミュニティなどを見て、私からメッセージを送り、
お返事をいただき現地の情報や、状況を教えていただきました。


何回かは、ミクシィを介して連絡を取り合い、
現在はお互いの携帯電話のメールアドレスで連絡を取り合っています。
ツイッターもやってらっしゃるので、お互いにフォローをしています。



ネットで知り合うというのは、やはり難しいことだと思います。
特に私の場合はいきなり連絡をしてしまたので、
タケノ文房具さんを困惑させてしまったかもしれません。

ネットは、基本的にメールなど文章のみのやり取りが多くなるので、
文章の書き方・言葉遣いに注意をしなければなりません。
「自分がこういうメッセージをもらったら、どう思うか」を
考えながら、文章を書くように努めました。

これは、日常生活でもしなければならないことですが
顔が見えないネットの世界では
特に気を付けなければならないことだと改めて感じました。

<by ふじこ>

by zemi21 | 2011-08-06 15:46 | ゼミ活動

<< 岩手経由の大船渡へ 被災地の方との連絡の取り方 >>